[自然に帰れ]哲学者紹介⑲〜ルソー編・前〜
スポンサーリンク

どうも、Sakkiです。

↓簡単なプロフィールはこちらです↓

前回はジョン・ロックさんを紹介しました。

管理人B
なかなか面白い回やったね。

本日も哲学者さんを紹介していきますよ。

ということで本日はこちらの方!

ジャン=ジャック・ルソーさんです。

ということで今回は、

  • ルソーさんの生涯
  • 影響を受けた人物
  • 思想のまとめ

についてまとめます。

それでは参りましょう!ヾ(・◇・)ノ

本日の題目

スポンサーリンク

・ルソーさんの生涯
・影響を受けた人物
・思想のまとめ

ルソーさんの生涯

改めまして、本日の哲学者はジャン=ジャック・ルソーさんです。

ルソー
ルソーです。よろしく~。
管理人B
前回のロックさんと同じで社会契約説を研究されていた方よね?
ルソー
そうね、ロックさんの記事は見ましたよ。

なかなかボリューミーだったじゃないですか、
大変じゃないです?
管理人B
正直許されるなら前半後半にして分けて更新したいね_(:3」∠)_
ルソー
何事も実験あるのみですね。

本日も表にまとめまして、ルソーさんの足跡をたどっていきます。

後々に触れたりする文章は赤色にしています。

↓表はこちら↓

西暦年齢出来事
17120時計商の子としてジュネーヴに生まれる
172210父親と兄が失踪する、近郊の牧師の許に預けられる。
172513ジュネーヴの時計彫金師の弟子になる。

余談であるが、その彫金師は横暴で教育能力がなかったらしい。
172816ジュネーヴ市の閉門時間に遅れる、罰の恐怖から出奔を決意。

一年ほど放浪に出る。そこでヴァラン男爵夫人の庇護を受ける。
174230音楽家になるためパリへ出る。ディドロらと交流。
175038「学問・芸術論」が懸賞論文に当選
175543人間不平等起源論』刊行
176150社会契約論』、『エミール』出版。

『エミール』は教育論を説いた書籍だが、
カトリックに反し「危険思想を示している」とされ弾圧を受け国外逃亡。
176654告白』の執筆開始
178966孤独な散歩者の夢想』第十の「散歩」未完のまま逝去
Wikipediaから引用

簡単なプロフィールはこうなります。

ジャン=ジャック・ルソー(Jean-Jacques Rousseau、1712年6月28日 - 1778年7月2日)は、フランス語圏ジュネーヴ共和国に生まれ、主にフランスで活躍した哲学者、政治哲学者、作曲家。

Wikipedia-ジャン=ジャック・ルソー
管理人B
色々と書籍書いていらっしゃるのね。
ルソー
自分で言うのもあれだけど、思想の巨人なんて異名もらっちゃいましてね。

いろいろ考えてたりしていたのですよ。
管理人B
でも上で出ていた作品じゃないものがベストセラーなのよね?
スポンサーリンク

Twitterのフォローお待ちしております。

おすすめの記事