スポンサーリンク
スポンサーリンク

・現代に応用できそうなこと

今の世の中は色々荒れています。

https://publicdomainq.net/couple-disagree-0011324/

先程のページで孔子は「仁(人を愛する心)」を根本として普遍的な原理(道)を求めました。

また、「仁」を持つためには4つの心が必要であるとも考えているのです。

それは、「克己・忠・恕・信」だとしています。

表作ってまとめました。

克己自分のわがままを抑えること
自分に嘘をつかない真心のこと
他人への思いやりのこと
他人を欺かないこと

大体はこのような感じで捉えて頂いて・・・ヾ(・◇・)ノ

その上で、この「仁」を形にしたものを「礼(礼儀作法)」と考えているのです。

「礼」を重視し、「仁」を持って「礼」を尽くせる人間を『君子』と呼びました。

そうした特を備えた為政者が行う政治のことを徳治政治といい、

この考えのことを徳治主義といいます。

縮図を表すとこのような感じでしょうか?

「自分さえ助かれば後は知らない」

これは克己に反する考え方である。

人を愛する心を持っていない。

ということになることかと思われます。

現代に通用することは、

  • デマを流さない(信)
  • 買い占めを控える(克己・恕)
  • 無理を通して行動をしない(忠)

他にも当てはまることがあるので、

「これは恕だな」「この行動は信に反してそうだ」

というのを見つけてみても面白いかと思われますヾ(・◇・)ノ

・最後に

本日もありがとうございました。

彼の他に儒教を発展させた人々は多いのですが、

その方の話はまた今度のお話にヾ(・◇・)ノ

図解の本のリンクを貼りますので、

興味なある方はぜひ参照くださいませヾ(・◇・)ノ

私情を挟んでしまい申し訳ありませんが、

本日はNMSの日でございました。

視聴していただけましたでしょうか?

かなり緊張したわけでございますが、

何か問題をしでかしていないかが不安でございます。

取り敢えずアーカイブが残るかはわかりませんので、

確認のしようがないのです_(:3」∠)_

とは言っても公開するタイミングのときはまだ番組時間ではないのですが(-_-;)

ということで本日はここまで。

また次の記事でお会いしましょう。

ではでは〜ヾ(・◇・)ノ

参考文献 最新図説 倫理- 浜島書店

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%94%E5%AD%90−孔子 wikipedia

写真・

https://publicdomainq.net

スポンサーリンク

Twitterのフォローお待ちしております。

おすすめの記事