[果たしてどれだけかかるかな?]800小節で曲を作ってみた
スポンサーリンク

どうも、Sakkiです!!!

えー、はじめからかなりハイテンションのようですが(-_-;)

Twitterでは前々から公表していたことではありますが、

この場を使って説明をしていこうと思います。

その名は、

800小節で1曲作るチャレンジです。

これまで150小節チャレンジであったり、

2分の曲を作っていたりしていました。

そこから新しくチャレンジをしつつ、

楽しみながら作曲をする。

それが作業に対する熱意の保ち方でございます。

そのため今回は、800小節で1曲作ろうということとなりました。

どのような曲を作るのでしょうかね?

それでは参りましょう。ヾ(・◇・)ノ

本日も題目

スポンサーリンク

1プログレッシブロック
2オーケストラ風
3 EDM

1プログレッシブロック

一個目に浮かんだものはプログレッシブロックです。

本日に7弦ギターが届くので実現可能となりました。

ドリーム・シアターやイエスなどと言ったバンドが挙げられるでしょう。

ドリーム・シアターに関してはメタル要素が含まれている状態ですな。

そうですね、「大体この要素が含まれている」

とみても過大ではないような楽曲とする予定です。

ベースとドラムは打ち込みで、

キーボードとギターは自分で弾きたいと思っています。

その時には今のDAW(Musescore)では使うことができないので、

新しいPCを導入するかMusescore以外のDAWを使って録音します。

かなりきつめの曲が出来上がることでしょう。

現在の雛形の状態でも30分以上はかかっていたような気がします。

大変ですこと・・・(-_-;)

ギターとキーボードの練習が最優先でしょうか?

まだまだ初心者でございますので。

あのような弾き方ができる方は本当に尊敬致します。

プロだからなんて言わないでください(-_-;)

あの状態を目指すわけではありませんが、

仮にも人前で披露する身でございます。

技能は身につけても損ではないのではないでしょうか?

スポンサーリンク

2オーケストラ風

これは一曲目のアイデア出し中に見つけたものとなります。

自分の中では伝説となっているゲーム、

「スーパーマリオギャラクシー」のBGM耐久を聞いていました。

そこで、「宇宙と星」をテーマとして長編の作品を作ることとしよう。

こういう考えに行き着いたわけであります。

しかし、このチャレンジといいますか。

この課題には条件があります。

テンポに制限とこじつけによる曲を繋げる行為が禁止です。

要はDJの機材はアウトであるとのことですね。

僕は使いませんよ?

禁止行為はしたくありませんから。

プログレに関しては30分丸々で一曲となりますが、

このオーケストラは複数の楽曲からなる構成でございます。

写真には隠れていた部分があると思いますが、

そこにはタイトルと分割の状態が書かれているのです。

結構決めたタイトルだけで400とか500行っているんじゃないですかね?

おっそろし(-_-;)

3 EDM

さっきまでDJの機材はアウト言ってましたやん。

そんな声がガンガン聞こえておりますが、

DJの機材は持っておりません。

サンプラーは持っているというか、

ソフトウェアで使えるようにしていますが。

この曲においては使いません。

EDMもオーケストラと同じく、

数曲を複合させて一つの作品とします。

写真で隠していた部分には、

タイトルと分割の状態が書かれているのです。

しかし、雑につなげてしまった場合にはDJ機材使った認定をされてしまうのではないかと。

そんな感じのことを危惧していますので、

そこは曲を見ながらその都度気をつけていこうと思います。

4・最後に

本日もありがとうございました。

本来であれば、今日の記事でVT-4の開封をしようと思っていたのですが、

時間を間違えたようで、かなり遅い時間に配達となってしまうようです。

今度からは時間をより気にして注文をすることといたしましょう。

気にしていなかったわけではございませんよ(-_-;)

これからVT-4の開封をしてこようと思います。

ということで本日はここまでです。

また次の記事でお会いしましょう。

ではでは〜ヾ(・◇・)ノ

スポンサーリンク

Twitterのフォローお待ちしております。

おすすめの記事