スポンサーリンク

どうも、Sakkiです。

先日は「曲を作ろう」の導入編で、

「機材を揃えてから」

ということを結論で出しました。

ということで本日は、基本編ということで

少し実践的な部分に入っていこうと思います。

今回もそうですが、この記事には

※私は音大にもその界隈の専門学校にも通っておりませんので、

知識に偏りと個人的解釈を多く含んでいます。

僭越ながら、この記事を足掛かりとして、

他のサイト様の記事と共に、

深く深く掘り下げることを私は推奨しております。

その点はあらかじめご容赦くださいませ。

それでは参りましょうヾ(・◇・)ノ

本日の題目

スポンサーリンク

・曲を聴こう
・王道を知ろう
・奏法が曲に与える影響を知ろう
・「Aメロ・Bメロ・サビ」の役割を知ろう

1・曲を聴こう

ステップ1・「曲を聴こう」です。

この分で勘違いしてほしくないのが、

Σ(゚Д゚)「えっ、その曲パクれと?」

そんなこと言いませんよ。

丸々パクれというつもりは全くありません。

解説すると、

・ガチャガチャ組み込んで1曲ドン➡✖

・パターンの一つとしてストックする➡〇

となるわけですね。

似ているフレーズやコード進行だったり、

そういったものが動画でまとめられていたりすることがあります。

(「王道進行」とYouTubeでみるとメドレーであります。)

結局私が作っているオリジナルの楽曲も、

何かしらの曲に似てしまうものなのですよ_(:3」∠)_

もう一度になりますが、

「曲を聴こう=パクろう」というわけでないわけです。

意味が分からない単語で辞書を引くように、

知識(パターン)の量を増やすのです。

そうすれば個性的な曲間違いなしです。

スポンサーリンク

・王道を知ろう

ステップ2・「王道を知ろう」です。

王道というものを知るとどうなるかというと、

脇道や横道というものが見えるようになるからです。

音楽の歴史というのは所謂アンチテーゼがあると、

僕は思っております。

最初はクラシック音楽から入ります。

かつて音楽家は宮廷音楽家と言って、

貴族のお抱え音楽家 a.k.a 人間CDということになるわけでございます。

その後に「フリーで曲作らせろやあぁぁぁ!」という風があり、

はい、ハイドンさんとベートーヴェンさん入りまーす。

そしてワーグナーやラヴェルといった名だたる作曲家が登場。

しかし第一次世界大戦によってクラシックは終焉へ・・・。

舞台はヨーロッパからアメリカへ。

印象主義と同世代にラグタイムというジャズルーツの一つが出ました。

有名どころを挙げると、「エンターテイナー」ですね。

その後は、サッチモやエリントンなどのオールドジャズ。(ビックバンド)

チャーリーパーカーなどのモダンジャズ。(この頃から和音が多様化しました)

マイルス・デイヴィスやコルトレーンなどのモードジャズ。(解説は省略します)

ジャズだけでも、クールジャズやアシッドジャズなど枝分かれしています。

今度はポップスとロックに人気が行ってしまいます。

そうだね、ビートルズだね

ビートルズは日本にも影響を与えました。

ずうとるびといったバンドだったり、

GSブームを引き起こしたり。

凄かったなぁ、GSブーム。

ヴォーカル×1、キーボード×1、ギター×1、ベース×1、ドラム×1の構成で、

ザ・スパイダースやオックスといったバンドが沢山現れました。

(一部そうじゃないバンドもあるようですが)

今でこそギタリストを「ギターヒーロー」と呼んでいる方もいますが、

かつては長髪とエレキギター=不良、非行という結びつけがあったわけです。

その為、コンサートに行った学生が停学・退学処分になることもありました。

(今じゃ考えられないね_(:3」∠)_)

やがて長髪系GSグループの出演禁止になったり、

PTAや教育関係者の反感を買ったり、

段々衰退していきましたとさ・・・。

ロックだけでも幅広いジャンルが出てきました。

より密度を高めたプログレッシブロック(曲時間長くなりがち)

社会へ怒りを込めたパンクロック(派手です)

攻撃的なハードロック(ヘドバンとか)

より攻撃的になったヘヴィメタル(ゴリゴリです)

それ以上に行くとドゥームメタルにデスコア・・・

段々とテクノポップやJ-POPが来まして、

今は色々と混在していますね_(:3」∠)_

ジャンルだけでこんなになってしまいました。

管理人B
ここから王道探せって・・・、難しいやないの_(:3」∠)_

ちょっと何言ってるかわからない。

僕は逆にお聞きしたい。

王道のジャンルって何なのでしょう_(:3」∠)_

王道というものは必ずしもジャンルには限らないのです。

コード進行にも王道があるわけです。

例えば、

・FM7-G7-Em7-Am

とか

・C-G-Am-Em-F-C-F-G

とか。(カノン進行)

王道のジャンルといわれるのは、ロックやJ-POPなどなどの感じかなと

個人的見解があります。

その源流から端から端へ。

あまり好きでないジャンルは無理して聞かなくても大丈夫です。

面白いジャンルはたくさんありますのでねヾ(・◇・)ノ

長くなってしまったので本日分はここまで。

明日のその②でお会いしましょう。

ではでは~ヾ(・◇・)ノ

スポンサーリンク

Twitterのフォローお待ちしております。

おすすめの記事