スポンサーリンク

どうも、Sakkiです。

ようやく届きました。

M-AUDIOの88鍵キーボードです。

服かけに立て掛けてみました、

いかがでしょう(白目)

届いたものでテンション上がりまくっていますが、

せめてものこの記事を書いている間は冷静に冷静に・・・。

この製品ではヴァーチャル・インストゥルメントとして、

いろいろなものがダウンロードできるようですね。

ステマな訳では無いんですが、

物が出てきたりすると途端に状態が変わるって・・・。

何なんでしょうね?

文句はそこまでにして、

さっそく設置して見ましょう。

(デカビタの消費量半端ないですね(-_-;))

88鍵盤なもので飛び出ています。

一人暮らしの時、机の判断材料の一つとしましょう。

乗せる関係で整理しましたが、本格的に机の整理しよう。

デカビタの場所にPCを置いて曲を作る予定です。

うん、スッキリですね。ヾ(・◇・)ノ

PC上には書いてる途中の記事がそのまま置いてますね。

このキーボードを買った理由は

  • ステージでピアノ用途を想定していたから。
  • 値段が手ごろであった。
  • ピアノの練習をしたかったから。
  • 打ち込みを楽にしたかった。

という感じでございます。

さっそくではありますが、

付属の音源をインストールしてみましょう。

keystation88 MK3 software managerを起動して・・・

接続するのね?

もう準備しましたよ。先行ってください?

・・・動かんな。

え、繋げたんだけどな。

まさかこれが噂の初期不良!?

えー、依頼出さんといかんのか、だるいな_(:3」∠)_

どーしよどーしよ。

考えること数十秒。

もしやと思い全画面ボタンを開いた、すると

そういうことかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!

何たるステルス性能か_(:3」∠)_

これはよく見ないといけませんな

どうやらNEXTが隠れていたみたいですね。

押して次へ。

するとこの画面に移動します。

画面はダウンロード後ですが(-_-;)

まずはMini grandをインストールしましょう。

プロダクトキー承認OK。

よし、音もなる。

ピアノだァヾ(・◇・)ノ

次はVelvet、シンセ音源です。

あれ、プロダクトキーどこだ?

・・・ない、だと?

そんな訳なかろう_(:3」∠)_

これアクティベーション出来ないでしょ_(:3」∠)_

ううん、困ったぞ

試行錯誤中・・・

できるんかい!!_(:3」∠)_

きちんと音鳴るし、鍵盤のところ反応するし。

問題ないですな。

さて、落としてもう一回再起動・・・。

は?

(2月1日までみたいですな。まぁ、そんなに使わなそうですけど)

ええ?

そんなことあります?

ま、まぁ。

ProToolsさえ動いてくれれば・・・。

僕は曲が作れる・・・

ProTools
No.

おいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!

意味ないじゃないの_(:3」∠)_

他の付属プラグインにはこんな感じのものもあります。

スポンサーリンク

MPC Beats

AKAIとかのサンプラー向けのソフトのイメージですかねヾ(・◇・)ノ

楽曲も作れそうですね、楽しみです。

これで曲作りで物凄いことになるぜ~ヾ(・◇・)ノ

ProToolsに代わる何かを用意しなくては_(:3」∠)_

やっぱりCubaseかなぁ・・・。

そのためのPC、楽器たち、環境・・・

雁字搦めだァヾ(・◇・)ノ

あとはドラムマシンのBOOMと、

アナログシンセのvacuumが付属しているとのこと。

Mac買ってからが楽しみになりますね。

あとがき

PCの画像撮るときに思ったんですが、

画面がノングレアで助かりましたよ_(:3」∠)_

グレア(光沢)画面だったら僕の顔が映りこんでいたところです。

最悪心霊画像になりかけそうですなヾ(・◇・)ノ

だからこそのスクショでしょうな。

メールで送信しなくても反応しなくてもいいですし、

効率が悪くなりますし_(:3」∠)_

ということで、本日はMIDIキーボードが届きましたの報告でした。

コロナが収まったらライブ行きたいので、

早いところ曲を3つ程作っておきたいところですな。

ピアノ音源、サンプリングソフトウェア、アナログシンセ、ドラムマシン。

初期作はこれで乗り切ることになりそうです。

ということで、後日もまた記事を公開します。

また明日お会いしましょう。

ではでは~ヾ(・◇・)ノ

スポンサーリンク

Twitterのフォローお待ちしております。

おすすめの記事