スポンサーリンク
スポンサーリンク

・ギャップを利用しよう

では、ギャップってどんな感じで生み出せばいいんですか?

「それは自分で考えなさーい、バイバーイヾ(・◇・)ノ」

なんて言おうものならば、ガチで信用ガタ落ちでございます。

一例だけでございますが、

手段があります。

それは略称を使うというものです。

高校時代の家庭科の授業などで話が出がちな「DHA」「EPA」、

健康診断の項目にある「AST」「ALT」、

150小節チャレンジの曲名にも使った「FYI」、

あとは、ラップ界隈などである「a.k.a」。

これらの共通点ってなんでしょうか?

略称をもとに戻すと名前が長くなるのです。

具体的には以下の通りです。

「DHA」・・・ドコサヘキサエン酸。

「EPA」・・・エイコサペンタエン酸。

「a.k.a」・・・also known as〜、〜としても知られるの意。

「FYI」・・・For your information、ご参考までにの意。

名前が長いですね。

例えば、150小節チャレンジのタイトルが「FYI」でなく

「For your information」であったら、いかがでしょうか?

ありえない話ではないとは思いますが、

見に行こうという気になるかというとなりにくいかもしれませんね。

スポンサーリンク

Twitterのフォローお待ちしております。

おすすめの記事