スポンサーリンク

どうも、Sakkiです。

本当にお待たせいたしました。

[タイトルを決めよう!]ところがどすこい編でございます。

このセクションはどういうものなのでしょうか?

奇をてらえ言ってますけれど。

本当にいきなりではあるのですが、皆様。

正攻法でしかタイトル作れないと思っていませんか?

まずは固定観念を潰す事から始めましょうヾ(・◇・)ノ

革新的なものというのは常に正攻法から外れたものなのです。

それがやがてまたありふれた物となって革新的なものが生まれていくのです。

さぁ、新しい道へと・・・。

それでは参りましょうヾ(・◇・)ノ

本日の題目

スポンサーリンク

・これは何?
・ギャップを利用しよう
・これはどういう時に使うやつなの?

1・これは何?

なにさ「ところがどすこい」って・・・。

どっかで聞いたことあんなぁ。

まぁ、どこで聞いたというのは置いておきまして。

このタイトルだけ聞いても何が何だか分からないのは、

書いていて十分に理解しております。

何から奇をてらう必要があるのよ?

奇をてらわなくたって良いタイトルあるじゃん。

確かにそういう曲は存在します。

当然奇をてらわなかったら世にありふれたタイトルになります。

だってね、猫って曲名検索しただけ何曲出てくるんですかね?

ラブとか、 Happy とか。

そのようなタイトルが世に溢れている。

その理由は簡単です、わかりやすいんです。

もう猫はあの猫ですよね。

ラブは愛情だとか恋愛だとかだろうなと、

 Happy に関しては楽しいとか幸せとかという感じですね。

わかりやすいタイトルが好まれる傾向にあるというのも、

商業的なところが関わっているのではないかなと。

そんな個人的見解があります。

今日は押してダメなら引いてみろ。

という意味を込めて「ところがどすこい」編。

ということなのでございますヾ(・◇・)ノ

具体的な方法こそありませんが、

これまであげた11もの記事(そのうち10記事)の中に

当てはまる方式がなかった・・・。

そんな方にお勧めする方法ですヾ(・◇・)ノ

スポンサーリンク

Twitterのフォローお待ちしております。

おすすめの記事