スポンサーリンク
スポンサーリンク

 1 功利主義の修正

ミル
まず、ワタシは功利主義を修正するところから始めマシタ。
管理人B
ここから始まっていくんやね。
ミル
タダ、ワタシが言いたいのは、

修正をしたのであって、否定したわけではないのデス。
管理人B
というと?
ミル
『功利主義論』では、ベンサムさんの考えと違うものを書いたのデス。
ミル
ベンサムさんは「快苦は測定可能で、量的な性質として観測できる。」と述べマシタ。

しかし、ワタシは「やったことが幸福を増すほど比例して不幸を増加させる」として、

考えを方向転換させたわけデス。
管理人B
いきなりの方向転換やね?
ミル
背景が背景でしたカラネ・・・。

ベンサムさんは資本主義経済の繁栄期の中、
我々ハ経済に矛盾が発生した時デシタ。
管理人B
もう既に矛盾は生まれていたんか・・・。

2 質的功利主義

ミル
ベンサムさんの考えが「量的功利主義」というのに対して、

ワタシの考えは「質的功利主義」と呼ばれてイマス。
管理人B
量の対義語は質やからね。
ミル
満足した豚より不満足な人間であるほうがよく、

満足した愚者であるより不満足なソクラテスであるほうがよい。
管理人B
ミル
ワタシが残した言葉デスネ。

簡単に言ってしまうと快楽には質というものがある訳です。
管理人B
ふむふむ。
ミル
例え話を出しマスガ、皆様は貯金されてますよね?
管理人B
あるにはあるんやけど、金利低いからさして貯まらんし支払いで消えるんよね・・・。
ミル
オオ!
管理人B
ミル
失礼しましタ。

それでは、Bさんは何故貯金していらっしゃるんデスカ?
管理人B
そりゃあ老後が不安やからやな。
ミル
ですよネ。

老後の不安がある訳ですが、何故今お金が出てしまうのですカ?
管理人B
うーん。

新しい服が出てたりスイーツが半額になってたらつい買ってしまうなぁ。
ミル
それこそが質的功利主義のポイントなのデス。
ミル
快楽の質は高級と低級の二つに分けられマス。


質的な見方をすれば、老後まで取っておくほうが高級な快楽なわけデス。

しかし人は目先の利益へと流れていきマス。
故に低級な快楽、欲しいものへの消費へと走ってしまうわけデス。
管理人B
そういうことだったんか・・・。
ミル
また、人は精神と肉体の両方に快楽があり、常に板挟みにあうわけデス。
管理人B
そうやなぁ・・・。
ミル
肉体の快楽を追求したがあまり、健康を損なうこともありマス。

こじつけのような気もしマスガ、健康はより巨大な善なわけデス。
管理人B
運動って肉体的な快楽なんかな?

まぁ、何事もやりすぎ注意ってわけやな。
スポンサーリンク

Twitterのフォローお待ちしております。

おすすめの記事