[これってどうなの?]映画からインスピレーションって得られる?
スポンサーリンク

どうも、Sakkiです。

これまで公開していた記事で避け続けていたコンテンツが存在します。

それは「映画です」

映画が嫌いという訳では無いのですが、

このコンテンツを何故か解説することなく

スルーを決め込んでおりました。

という事で、今回の記事では

  • 作詞作曲のインスピレーションは映画で浮かぶものなの?
  • 何故避けていたの?
  • オススメってある?

というものを順々に解説して行きたいと思います。

それでは参りましょうヾ(・◇・)ノ

本日の題目

スポンサーリンク

1・作詞作曲のインスピレーションは映画で浮かぶものなの?

2・何故避けていたの?

3・オススメってある?

1 ・作詞作曲のインスピレーションは映画で浮かぶものなの?

単刀直入に申し上げます。

答えはYESです。

映画は決まって主題歌やBGMが流れているものです。

管理人C
そのせいでそのBGMに似た曲になるんじゃないか?
管理人D
決まって1曲しか書けないんじゃないの?
たかし
そもそも難しいやん。

という意見が聞こえてまいりますが、

そもそも難しいやん、そのような方はまず基本の形から作りましょうヾ(・◇・)ノ

「曲を作ろう」の記事はこちら

映画全体に目を向けてしまえば、

主題歌の方が相応しいとなるのは当然の話ですよね?

主題歌のオファーを受けたならば話は別ですが、

そうでないならば目を向けるべきは映画全体ではありません。

目を向けるべきはワンシーンです。

例えば出てくる登場人物の立場や気持ちを歌詞にしたり、

アクションシーンで合いそうなBGMを作ってみたり。

30秒カットの所に似合う曲を作曲してみるのもありですねヾ(・◇・)ノ

これによって何をしたいのか。

イメージで作曲をする手法がありますよ、

ということを伝えたいのですヾ(・◇・)ノ

緊張感あふれるシーンで不協和音を使ってみたり、

クリスマスで恋人と出会うシーンではオルゴールを中心にメロディーを考えたり。

こうすることもできますのでね。

本日は紹介だけではございますが、

ゆくゆくは実際に作業する風景をここで公開してみたいですね。

スポンサーリンク

2・何故避けていたの?

であれば、浮かんでくる意見が出てくるわけですよね?

管理人B
タイトルを決めようと同じように「曲を作ろう 映画引用編」って記事作ればよかったやん。

ドキッ(-_-;)

本当にそうなんですよね。

何故避けていたのかというと、

身近にあったタイトルを決める手順が映画ではなく絵画だったからです。

これが毎日映画を見るような生活であれば、

ブログの内容が映画セレクションになっていたかもしれませんね。

要は「このような記事を書くことはなかったでしょう」

ということですね。

というよりも、避けていたわけでもないのですよ。

単純に書く内容がなかったために、

避けているような事になってしまっているわけです。

まだ出していませんが、何度かこの手法で作曲したことがあります。

出さないことには証明にならないのも理解していますが、

まだ時期ではございませんので少々お待ちくださいませ。

3・オススメってある?

オススメですね?

もったいぶっていても意味がありませんので言ってしまいましょうか。

ありません。

管理人B
え?もう一度言ってくれんか?

いいですか?

もう一度いいますよ?

ありません。

\ネアァァァァァァァァン/

\ネアァァァァァァァァン/はスルーしてくださいね。

何度でもいいます。

おすすめはありません。

お勧めがない理由はまた後日に必ずお話することといたしましょう。

なので皆さんが見たい作品や、

見たことのある作品でいいと思ったシーンで曲を作ってみてはいかがでしょうか?

最後に

そうはいっても現在は外出できないじゃん!

映画館なんてここ最近行ってないよ・・・_(:3」∠)_

ご安心くださいませ。

ご用意させていただきました。

かつてはレンタルショップなどへ借りにいかなくてはなりませんでしたが、

現在は大航海時代ならぬ大インターネット時代です。

ネットでゆったりと映画を楽しみませんか?

Amazonリンクはこちらヾ(・◇・)ノ

セブンネットショッピングのリンクはこちらヾ(・◇・)ノ

楽天のリンクはこちらヾ(・◇・)ノ

DMMでもNetflixでも問題はありませんよ。

ということで本日はここまで。

また次の記事にてお会いしましょう。

ではでは〜ヾ(・◇・)ノ

スポンサーリンク

Twitterのフォローお待ちしております。

おすすめの記事