スポンサーリンク
スポンサーリンク

・なぜ「やらないことリスト」なの?

単刀直入にバッサリとある言葉を出したいと思います。

『あなたに世界は変えられない』

ここに集約されます。

僕がこの記事を数時間かけて書いた所で、

どこかで苦しんでいる方のことは救えません。

それを僕は理解している故に、やれないことはしません。

まず、ヒト一人のリソース(資源)には限りがあります。

体力と集中力も限界がありますから、それ以上のことをしないようにするわけですね。

また、やらないことリストは時間マネジメントにも繋がります。

やらないことはやらない、

それだけでも時間を使うところが減るのです。

やることだけに集中できます。

とてもいいことではないでしょうか?

・どう作ればいいの?

ここがかなり重要ですよねヾ(・◇・)ノ

管理人B
作る理由は理解した。

でも作り方がわからん!

どうしたらいいんですか!?

かしこまりました、急いで説明します。

二個目の部分を別の視点から考えるとこうなります。

  • 「やることが多いよ・・・。仕方ない、頑張るか。」
    • これは思考停止に過ぎない。

そこで、やらないことリストをつくる方法を書きます。

・頭の中で解決させないために書き込む

どんなに些細なことでも構いません、紙やアプリのメモに書き込んでみましょう。

簡単に言うと「可視化」というものですね。

頭の中で解決させることのないようにすることで、

やらないことが決めやすくなるはずです。

頭の中で解決させようとすると何がやることでやらなくていいことが

見えないままリストを作ることになりますから。

・何かの線引をする

例えば、「このラインの仕事は引き受けよう」といったりするものです。

これは僕が線引を決めても意味がありませんので、

皆様の考えるラインが一番丁度いいのです。

僕が決めたとき(高校時代)の線引は学業に専念できるラインでした。

例として、次のページで自分のやらないことリストを載せてみようと思います。

スポンサーリンク

Twitterのフォローお待ちしております。

おすすめの記事